フダンギの日

なんて事のない日々のこと。

2017年03月

これでいいとしか言えない。

国立新美術館での作品展示を見に来てくれるお友達に会うため
上京した母と会った先日。
「食事しましょう、3時前には会いたい。」とメールが来て、
2時半に待ち合わせ場所へ。
母と連絡が取れたのは3時過ぎ。待ち合わせ場所で時間を潰しながら
母は常に時間ルーズでいつも待たされたなと思い出していました。
友達と食事済みでお茶だけでいいわ、と少し話して帰って行きました。

お友達に「あなたが子供育てたなんてね〜」と言われると
笑っていました。

孫の卒入学、習い事発表会、ステージ、運動会、
あらゆる行事全てスルーでした。
自分の興味があれば飛行機に乗ってでも遠い海外でも行くけれど。
おばあちゃんおじいちゃんが一緒に応援している家族を見ると
いいなと思ったこともあった運動会。発表会。


自由で、気分にムラのある母を反面教師に
私はとても努力して一般的母像というものを学びました。

娘が思春期の頃、「もっと普通のお母さんが良かった」と
言われたけれど、私は普通の母というものは存在しないと思っていました。
そんなの幻想。

母がいるということはありがたく幸せなことだけど
母という存在は影響が強く、少なからず人生を支配してくるもの。
進む学校も、付き合う友達も、視聴するもの、読むもの、
着るもの、身につけるもの、勉強時間、生活の細かいルールも
全て母の気にいるようにしないと許されない息苦しさの中、
私という存在をどう捉えるか、自分の意思をどう肯定するか
模索したくて青春時代は本ばかり読んでいたのだと思います。

娘が恐ろしく本を読まないのは
自分を既に肯定しているからで、何かを疑ったり悩んだり
モヤモヤとしていないからかもしれません。


長い歴史の中で結婚することがスタンダードだったら昭和の一時代。
今なら結婚しないことも選択肢にあるし、
江戸時代だったらもっと結婚人数は少数派だったので
結婚しないとという圧力があったのは
珍しい時代でもあったわけです。
今なら母は独身だったでしょうか。

結婚には向いてなかったという父と
母親には向いてなかったという母の間に生まれ
両親が私に望んだ生き方は、結婚せず、子供も持たず、
仕事を持って自立して生きて欲しいということでした。
両親からは、私が結婚相手(夫)を紹介した時も
妊娠を伝えた時も仕事を辞めることでガッカリされました。

私は子供が居て良かったし、母の望むようには行きていないけれど
自分にはこれで良かったと思う他ありません。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
ランキングに登録しています。
クリックして下さると嬉しいです(^_^)

Next Stage!

先日、娘は高校を卒業することが出来ました。
IMG_3118
大好きな学校でした。

信頼出来る先生、ステキな友達、優しい仲間に恵まれて楽しい女子校生活を謳歌。

韓流にハマり韓国語を学んだり
ダンス部に所属してステージでライトを浴びたり、
いろんなことに夢中になって必死になって。
青春出来るものがあった学校生活でした。

英語と体育は好きで、ほぼ5をいただいていた娘。
英語はレシテーションコンテストやテストの結果で評価されたとしても、
体調崩して休みがちだった体育がなんで5だったかと疑問で聞いたことがあります。

娘曰く、クラスの友達が優しかったからかなーと言っていました。
バスケやサッカーで、シュートを決める時、
娘にパスを回してくれてオイシイ役割をくれたり
ダンスなど、お手本役でみんなの前で演技したり。
本人が要領良くやってたとしても、クラスのみんな優しすぎる。

娘はクールでいつでも淡々としていましたが
この学校が合ってたし、いつでも娘なりに楽しそうでした。
この学校入って良かった〜って言ってました。
私もそう思う。

謝恩会で娘のクラスの子達に挨拶しに行きましたが
〇〇ママ!〇〇ママ!と名前にママを付けてリズムを取って
手を叩いて盛り上がってくれてみんなかわいい。
こんな娘と仲良くしてくれて本当にありがとうございました。
IMG_3119
卒業式も、謝恩会も、その後の部活の集まりもとっても楽しかった!
部活の繋がりが強かったので随分助けられました。
娘が手紙を持ち帰らないから
学校の情報はだいたいママ友からもらってました(^^;;

春から同じ学校になる子はいるのかな?
次の扉の向こうはどんな感じかな。
親はもう付いていかない世界になるけど、楽しんで学んでほしい。


部活の後輩さんからも愛情たっぷりメッセージをいただき、
母も嬉しかったです。
私とは全然違う、華やいでキラキラした女子校生活、
疑似体験出来たような気持ちです。
IMG_3116
卒業式の次の日、早速美容院へ。
厳しい私立でしたから初めての毛染め。
思った以上の雰囲気になって帰って来ました。

若いんだもの、好きなこと、やってみたいこと、色々やったらいい。
でも悩んだ挙句の青い髪の毛でバイト雇ってもらえるかな。 
春休みだけの限定になるかもしれません^_^;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
ランキングに登録しています。
クリックして下さると嬉しいです(^_^)

 
ギャラリー
  • オトナコドモ思春期
  • オトナコドモ思春期
  • Next Stage!
  • Next Stage!
  • Next Stage!
  • ケーキの準備
  • 自宅出産に至るまで
  • 卒業を祝う会:3
  • 卒業を祝う会:2